工場勤務に向いている方

黙々作業が好きな人には向いている!?

工場の仕事は、同じ作業を黙々とこなす仕事が多いです。多少、機械間を行き来したりすることはありますが、ほぼ定位置での作業がメインとなります。ですので、黙々と仕事をすることが好きな人にとっては工場の仕事は理想的な仕事だと言えるでしょう。逆に、同じ作業を繰り返し行うことが苦手な人や集中力が続かない人にとっては拷問かと思えるほどの苦痛を感じるかもしれません。理由は、作業に慣れれば慣れるほど短時間でたくさんの作業をこなすことができるようになってくるため、作業中の時間経過を遅く感じるようになるからです。

黙々と作業をすることが好きならば工場で働くという選択肢を追加してもいいかもしれません。ですが、黙々作業が苦手、集中力が続かないという人は、工場で働くという選択肢を削除した方がいいでしょう。

モノづくりが好きなら選択肢の1つに!

工場の仕事は、端的に言うとモノ作りです。現存しているモノを組み合わせて作ることだけでなく、まだ、現存していない新しいモノを作ることなど、とにかくモノを作るまたは生み出すことが好き、そういうことをしたいという気持ちを持っているなら工場に向いていると言えるかもしれません。逆に、ただ単に工場だと作業が楽そうだったり、作業が簡単そうだったりといった軽い気持ちで、工場で働こうとしているならやめておきましょう。そういう人は、必ずと言っていいほど大怪我をします。それだけでなく周りの作業者たちにも、会社自体にも迷惑をかけることになってしまうからです。

モノを作る、生み出すことが心底好きなら工場で働くということを選択するのもいいかもしれません。様々な技術を学ぶこともできますし、様々な機械、工具に触れることもできるからです。