工場勤務の仕事内容

ライン作業の仕事内容とメリット

工場には様々な働き方がありますが、製造をメインとする業種で多く採用されているのがライン作業です。ライン作業とは文字通りベルトコンベアなどの帯状の長い台に乗せられて運ばれてくる製品を一つずつ加工していく作業になります。商品の製造には様々な工程が必要となりますが、ライン作業は一人ひとりが与えられた役割をこなして一つの製品を完成させるのが特徴です。原則自分が担当以外の作業を行う必要はなく、最初に教えられた技術や知識だけで続けていくことができます。そのため、単純作業を繰り返すことが好きな人に人気があります。その場に立っての作業が基本となるため、体力面での負担が少なくて済むという点もライン作業ならではのメリットの一つです。

仕事におけるデメリット

ライン作業は会社からの指示による配置替えなどがない限り、与えられた作業を継続的に繰り返すのが基本です。単純作業を苦にせず楽しめる人であれば問題はありませんが、仕事を通して色々な経験を積みたいと考える人にはデメリットになります。トイレなどやむを得ない事情がない限り作業中は持ち場を離れることができません。力仕事や体を動かすことが好きな人はその場に立ち続けるライン作業は違った意味で疲労を感じてしまう場合があります。ベルトコンベアに乗って絶え間なく流れてくる商品の加工を次から次に行わなければいけないので雑談を交わす余裕もありません。他の従業員とコミュニケーションを取りながら楽しく働きたい人にはデメリットと言えます。