工場勤務のデメリット

体力に自信がないとデメリットに感じることも

これから工場の仕事を初めて探す人の中には、仕事内容や作業現場の雰囲気などがよくわからないため、なかなか一歩が踏み出せないケースもあるはず。そこで工場勤務のデメリットをあらかじめ知ることで、自分に最適な工場が探しやすくなるかもしれません。

まずどのような業種の工場であっても、その目的は特定の製品を生産することにあります。したがって工場の仕事で中心になるのは、生産ラインといっても過言ではありません。生産ラインでは組み立てや仕分け、あるいはピッキングや検品など、工場で扱う製品ごとに様々な作業が必要になります。

ただしどの業種の生産ラインであっても共通するのは、長時間にわたる立ち作業あるいは座り作業が多いことです。取り扱う製品によっては重量物や大型品もあり、多かれ少なかれ一定の体力が求められるのは事実。したがって体力にあまり自信のない人にとっては、工場勤務がデメリットに感じるかもしれません。

プライベートでスケジュール調整がしにくい

もう1つ工場勤務で忘れてはならない傾向は、深夜勤務や休日勤務が多いこと。業種や企業規模あるいは生産物の性質にもよりますが、工場によっては24時間365日フル稼働しているケースも珍しくありません。そのため工場の求人では、深夜勤務や休日勤務を含むシフト制を募集条件としているケースが、数多く見られます。

シフト制を導入している工場で働く場合、例えば連続して休みが取れないので長期旅行が難しい、家庭に万が一のことがあっても休みを取りにくい、日勤や夜勤を頻繁に繰り返すので生活が不規則になる上、休日勤務によって家族や友人と過ごすチャンスが少ない等、人によっては何かと不都合が生じやすくなります。いずれにしてもプライベートでスケジュール調整がしにくくなるため、普段からプライベートの時間を重視している人にとっては、工場勤務がデメリットに映ることでしょう。