工場勤務の環境

通勤に支障が出ることもある

工場での仕事を選択するに当たって気を付けなくてはいけないのが勤務地までのアクセス方法です。車の部品を始めとした製造関係の工場は広い敷地の確保が必要となるため、郊外に集中するケースが多くあります。そのため、勤務地によっては最寄駅からバスでの移動が必要など通勤に時間が掛かってしまうことも少なくありません。自家用車やバイクによる通勤が認められている場合は問題ありませんが、公共交通機関だけの指定がある所はアクセスのしやすさが重要になります。工場の求人を探す時は勤務地の住所を確認して自宅からの往復にどの程度掛かるか見極めることが大切です。寮完備や最寄駅からの送迎が用意されている所を選択するのも有効な手段と言えます。

シフト勤務による人間関係の作り難さ

数百人規模の従業員を雇う大手企業の工場では24時間勤務によるシフト制が基本となります。これによって起こる不安要素の一つが人間関係の作り難さです。従業員は会社が決めたシフトに従って勤務をする形となるので仕事をする度に共に働くメンバーが変わることも珍しくありません。従業員が少ない中小規模の工場は固定勤務の上にメンバーもほぼ同じなのですぐに仲良くなることはできます。その都度変わるシフト勤務だと距離を縮めるまでに時間が掛かるのは否めません。人間関係を必要としない人であれば問題ありませんが、仕事を通して仲間を作りたい人にはこの点はデメリットです。工場勤務では仕事内容だけでなく勤務形態や会社の規模も大事なポイントになります。