工場勤務の給与

業種によって年収が異なる

工場勤務は給与が安いというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、給与は業種によって異なります。工場勤務の中で給与の高い自動車メーカーの平均年収は男性540万円、女性360万円です。日本の平均年収は男性567万円、女性280万円であるため、男性はほぼ平均的な給与、女性は平均よりも高い給与が得られることになります。半導体の工場勤務における平均年収も男性510万円、女性は400万円となり、男性は平均年収を少し下回りますが、女性は平均年収よりも100万円以上高い給与が得られます。工場での仕事において給与面に不安を感じている場合は、自動車メーカーや半導体の工場を選ぶのが良いでしょう。特に女性は平均よりも高い給与が得られます。

企業の規模や勤務形態によって年収が異なる

工場勤務の給与は、企業の規模によっても異なります。大企業は給与も高く福利厚生が充実しているため、働き続けるほど年収も上がっていきます。また、勤務形態によっても給与は異なり、正社員が最も高く、次に期間工、契約社員、アルバイト・パートという序列となります。大企業の工場での平均年収は450万円ですが、契約社員だと280万円ほどになります。期間工は福利厚生などがつくこともありますが、契約社員やアルバイト・パートは福利厚生の対象外となるため、正社員よりも年収が低いうえに保険なども自己負担となります。工場で長期的に働く場合は、大企業の正社員として就職するのがよいでしょう。昇給やボーナスもあり、働きがいがあります。

住み込みの工場は、家賃や光熱費が節約できるメリットがあります。自宅から離れた場所で勤務する場合に、住み込み寮がある工場であれば家計が節約できて給料が溜まりやすいです。